« November 2005 | Main | February 2006 »

January 30, 2006

Wilcoのライブアルバム~Kicking Television

ウィルコのライブアルバム2枚組「キッキング・テレヴィジョン」が素晴らしい。幸せな2時間を与えてくれる。

音楽雑誌でもあまり取り上げていないようだがなぜだろう。このアルバムをもっと多くの人が聴けたならいいのに。

今までのスタジオアルバムを聴くと、曲の良さもさることながら様々なポップな要素が散りばめられ、じっくり聴き込ませるようなプロダクションでいわゆる玄人好みのポリスのようなミュージシャンズミュージシャン(ミュージシャンに気に入られるミュージシャン)だと思っていた。それはそれでお気に入りだった。国内盤が今は入手不可能な「Summerteeth」など実は超名盤だと思っている。

このライブを聴くと、観客が一緒に唄ったり、あんまりうるさいのでジェフに「Be quiet!」と言われ、笑い声が聞こえるような、いい雰囲気で、何よりも一体感が感じられる。ただ、それは骨太ロックのノリノリ感ではなく、体にも心にも深く深く刻み込ませるような、苦しみや辛さを音楽という媒体で暖かく包み込んでいく、決して軟弱ではなくてそれなりにハードではある大人のロックなのだ。実はそういうバンドだったことに改めて感心した。むしろ感激に近い。

日本に来たら全公演を追っかけて全てのセットリストを経験したい(無理だけど)。うれしくてうれしくて涙がでるかもしれない。

wilco1102


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | February 2006 »