« このゆるさ加減がちょうどいい・・・ JOHN DAWSON | Main | 解き放たれて・・・・ Ween »

February 27, 2007

このようなメロディーは・・・ Pernice Brothers

その昔、Pale Fountains というグループがいて大好きだった。
ジョン・バリーやラブの影響を受けたグループで、後にいわゆるネオ・アコ(ースティック)というジャンルでまとめられることになる英国のバンドのひとつである。特に1stアルバムが名盤といわれている。ともかく手作りっぽい曲や控えめでセンシティブな歌心と小技の効いたアレンジが素晴らしく愛聴したものだ。
一度だけ来日して、中野サンプラザだったと思うが誰も知らないだろうと思って出かけたが満席だった印象があり、やはり東京はすごいなと思ったりもした(当時も外タレ追っかけの人たちが多く、バニーメンやU2のときも一番男前だからだと思うが「ピート!」「ラリー!」などと叫んでいた。「ウィル!」「エッジ!」とは聴こえなかった気がする)。Pernicebros1_1


それにしても、 Pernice Brothers である。まさしく Pale Fountains 直系あるいは超えるグループだ。
ライブでは Pale Fountains の2ndアルバムのようなギターサウンド中心の演奏が聴かれるが、スタジオアルバムでは曲のよさもさることながら、今風の小技(そう、小技だからこそ曲が生きる、これは Wilco にも言える・・・・ボーカルが違えばSummerteethに近い)がうまく散りばめられており、その上にボーカルの Joe Perniceのその風貌(オッサン!!)からは想像もつかない歌声である(同じような曲志向と思われるコステロより好きな声)。
668158_356x237

このような人たちがこのようなサウンドを生み出せるアメリカ音楽の懐の深さにただ驚くばかりである。

|

« このゆるさ加減がちょうどいい・・・ JOHN DAWSON | Main | 解き放たれて・・・・ Ween »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33743/14063648

Listed below are links to weblogs that reference このようなメロディーは・・・ Pernice Brothers:

« このゆるさ加減がちょうどいい・・・ JOHN DAWSON | Main | 解き放たれて・・・・ Ween »