« February 2007 | Main | December 2008 »

March 21, 2007

哀しいけど、美しい・・・・Sparklehorse

 メランコリックななかにも、ポップに昇華していくサウンドプロダクションで、ひたひたと胸の奥の琴線に触れさせられるSparklehorse。

 ギターポップサウンドも、ちょっぴりヘタレ気味で、どこかキュートな Sparklehorse。

 夜の底に深く静かに沈み込ませてくれる儚くても美しい Sparklehorse。

 過度なプロデュースもなく、声も歌い方もコーラスワークもまったく押し付けがましくなく、ほっとひと安心させられる。また、どのアルバムもバランスのとれたアルバムとして聴ける数少ないアーティスト。


 
 

 休日の朝聴くセレクション・・・mellow selection
900099_2
01 Weird Sisters
02 Saturday
03 Cow
04 Heart Of Darkness
~Vivadixiesubmarinetransmissionplot

05 Painbirds(edit)
06 Maria's Little Elbows
07 Hundreds Of Sparrows
 ~Good Morning Spider

08 Gold Day
09 More Yellow Birds
10 Little Fat Baby
11 Comfort Me
 ~It's A Wonderful Life
Sparklehorse0_1
12 Don't Take My Sunshine Away
13 Getting It Wrong
14 Shade And Honey
15 See The Light
16 Some Sweet Day
17 Knives Of Summertime
 ~Dreamt For Light Years In The Belly Of A Mountain
 

 
 
 
 

 真夜中に聴くセレクション・・・midnight selection

01 Homecoming Queen
02 Spirit Ditch
03 Most Beautiful Widow In Town
04 Sad & Beautiful World
05 Gasoline Horseys
 ~Vivadixiesubmarinetransmissionplot
0609ashtop_1
06 Saint Mary
07 Box Of Stars (Part One)
08 Sunshine
09 Hey, Joe
10 All Night Home
11 Box Of Stars (Part Two)
12 Junebug
 ~Good Morning Spider

13 It's A Wonderful Life
14 Sea Of Teeth
15 Apple Bed
16 Eyepennies
 ~It's A Wonderful Life
Sparklehorse_1
17 Return To Me
18 Morning Hollow
 ~Dreamt For Light Years In The Belly Of A Mountain

 
 


 眠気を覚ますセレクション・・・edge selection

01 850 Double Pumper Holley
02 Rainmaker
03 Tears On Fresh Fruit
04 Little Bastard Choo Choo
05 Hammering The Cramps
06 Ballad Of A Cold Lost Marble
07 Someday I Will Treat You Good
 ~Vivadixiesubmarinetransmissionplot
Sparklehorsek
08 Pig
09 Good Morning Spider
10 Sick Of Goodbyes
11 Chaos Of The Galaxy/Happy Man
12 Cruel Sun
13 Ghost Of His Smile
 ~Good Morning Spider

14 Piano Fire
15 King Of Nails
 ~It's A Wonderful Life
Sparklehorseu
16 Ghost In The Sky
17 Mountains
18 It's Not So Hard
 ~Dreamt For Light Years In The Belly Of A Mountain

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2007

解き放たれて・・・・ Ween

 10cc、XTCの流れを引き継ぐひねくれポップを、より広いジャンルのスパイスを散りばめたサウンドプロダクションで披露するけど、ローファイ精神も忘れないWeen。

 オルタネイティヴがすっかりカタチにはまってひとつのジャンルになるなかで、純正オルタネイティヴなWeen。

多くの音楽雑誌は昔からジャンル分けをしてわかりやすいようにカタチにはめていくが、なかなかカタチにはまらないので評価されにくいWeen。

 英国なら少々ナーバスになるところが、アメリカ東部ペンシルバニア出のカントリーロック好きと、おバカになりきれる(広すぎてノーテンキになるしかないアメリカ人!)ところもあって、ひたひたと解き放ってくれるWeen。本国ではコアなファンがいるのもわかる気がする(GRATEFUL DEAD~PHISH=懐の深い音楽性?)。

 PHISHにも通じる70年代サウンドの雰囲気を持った聴き流せるゆるめの曲をセレクト。この選曲のCDーRはすっかりヘビーローテーションとなっており、日ごろの生活で、落ち込んだり、ヘコんだり、うらぶれた気分のときには、限りなく、限りなく、ただ優しい。

 アルバムとしては「12 Golden Country Greats」が一番好きだったりするわけで・・・・


01 Don't Get 2 Close (2 My Fantasy)
  ~Pure Guava
02 Freedom Of '76
03 Baby Bitch
04 Mister, Would You Please Help My Pony?
05 What Deaner Was Talkin' About
06 Don't Shit Where You Eat
  ~Chocolate And Cheese
07 The Mollusk
08 Mutilated Lips
09 It's Gonna Be (Alright)
  ~The Mollusk
10 Back To Basom
11 Stay Forever
12 She's Your Baby
  ~White Pepper
13 Zoloft
14 Transdermal Celebration
15 Among Hits Tribe
16 Tried And True
17 Chocolate Town
18 I Don't Want It
19 The Argus
20 If You Could Save Yourself(You'd Save Us All)
  ~Quebec
21.Someday
 ~Shinola (Vol. 1)


Ween2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | December 2008 »